【スーパーの商品パニック買いカジュアルアクション】SHOPOCALYPSE! レビュー


SHOPOCALYPSE[thedjcoder] (itch.io)

本作はスーパーにて時間制限内に物を棚からカートに入れ、カートに入れた物をレジに持っていき清算することでポイントを確保、時間制限内になるべく多くのポイントを入手することを目的にスーパー内を駆け出すアクションアーケードです。

itch.ioが2020年7月に行った48時間ゲームジャム(48時間で製作するゲームをコンセプト)では、単純ながら中毒性があるアーケードや斬新ながらシンプルな設定のパズルなどが大量に公開されました。Shopocalypseもその一つで4人の開発者によって作られています。その中には6年、20年ゲーム業界に関わっている開発者も。

タイトルのShopocalypseはおそらくShop(店)とApocalypse(大災害)。ヨーロッパなどでは、1ヶ月ほどコロナで大量の食品がスーパーから消え去り、そして食品のパニック買いがあった時期がありました。日本では幸いにも東京の一部で数日しかおきていなかったのですが、普通に日々の食料に困るような事態になっている人もいたそうです。

この現実のスーパーの混乱ぶりに影響したのかどうかわかりませんが、本作はパンデミックが起きた時のスーパーで超特急で物を買い、清算するパニック買い体感カジュアルアクションゲームです。いや、パニックを完全にオーバーしているので実質コメディですが。

ゲームは本当にシンプルです。プレイヤーはカートを持ったスーパーの一般客です。欲しい商品がある場所が光るので、その棚まで移動します。棚にタックルすると商品が落ちるので、落ちた商品に近づくとカートに商品を入れます。また、欲しい商品が他のお客のカートに入っていることもあります。その場合は他のお客やカートにタックルして商品を落とし、落ちた商品に近づくと入手できます。また、無制限に使えるブーストボタンがあるので常に高速移動が可能。
SHOPOCALYPSE_開始
▲スーパーに入店したところからスタート。
SHOPOCALYPSE_ぶつかる1 SHOPOCALYPSE_ぶつかる2 SHOPOCALYPSE_ぶつかる3 SHOPOCALYPSE_ぶつかる4
▲野菜コーナーに矢印があったら野菜コーナーにドーン、棚に矢印があったら棚にドーン、全てタックルからはじまります。
SHOPOCALYPSE_奪い合い
▲別の客のカートに矢印がある場合も。
SHOPOCALYPSE_ブースト
▲ブーストで超スピード。棚にぶつかって上手いこと進まない場合が多いですが。
SHOPOCALYPSE_レジ
▲集めた商品は無人レジへ。

カートが所持できる商品は最大6つなので、溜まる前にレジまでカートを持っていきます。

レジにいくと商品を清算、と同時にポイントが入ります。欲しい商品は時間と共に無限大に出現、最終的に、制限時間内にどれだけポイントを取れるか最適解を求めるアクションアーケードです。いちおう製作者はサンドボックスゲームとしてゲームデザインしているので、目的はプレイヤーが決めていけばよいかと。
SHOPOCALYPSE_スコア
▲終了時に、時間制限内のスコアがでます。

それ以上でもそれ以下でもない単純なアーケードゲームなのですが、実に中毒性があります。ポイントは普通に商品を取るという発想がないこと。棚にぶつかれば商品棚は物理挙動で後ろへ下がり、棚の複数の商品が地面に落ちます。落ちた商品で必要なもの以外に触れた場合は物理挙動で商品が吹っ飛びます。ダンボールやフルーツ置き場にぶつかれば、それらは360度あちこちに飛んでしまうでしょう。他のお客にぶつかれば、お客も(商品ほどではないにしろ)後方に少し下がります。

プレイヤーだけでもカオスですが、他のお客もプレイヤー同様の行為、つまり商品棚にタックルし目当ての消費をカートに入れ、レジに向かうことを同時に行っています。時間が立つとともにプレイヤーの周囲以外でも棚や商品が無茶苦茶に。スーパーという日常空間が、あっという間にカオスな空間に早変わり。時間制限終了時は元の面影が一切なくなった嵐の後のようなスーパーになるでしょう。
SHOPOCALYPSE_汚い1 SHOPOCALYPSE_汚い2
▲終盤はこのような大惨事。

ゲームそのものよりも、商品棚へタックルする楽しさ、だんだん崩れていくスーパーを見る楽しさ、このあたりがポイントかと思います。つまり見て楽しめるゲーム。でも、実はそれだけでなく、その肝は物理エンジンの調整も重要かと。まず、ダッシュそのものがスーパーをすーーーーっと横切っていく爽快感があります。普段はしてはいけない、棚を落とすようなちょっとした大惨事ないたずらも、棚や商品の飛び方が派手なため、見惚れる気持ち良さも。48時間という制限の中では、相当に調整した感じです。

また、本作は48時間ゲームジャムによく見合ったゲームです。本作が一番すごいと思うことは、「48時間できっちり面白いゲームを作る」コンセプトの企画力が高い事。

本作のほとんどは単純なぶつかり合いレベルの物理挙動でできています。ゲームそのものの製作難易度はかなり低く見積もっており、過去遺産やアセット、UNITY付属の物理エンジンをほぼデフォで利用すれば、土台となるプロトタイプは簡単に完成しそうです。そして、ゲームの肝となる微調整をして完成度を高める工程に多くの時間が取れるため、たった48時間しかないのに、ここまで調整されたゲームになったのかなと。

また、4人パーティーゲームにしたら、ステージ製にしたら、と拡張次第ではさらに化けそうな、本作そのものがプロトタイプとしても活きています。コロナの影響で生まれたゲームという点はちょっと気になりますが、普段は小綺麗なスーパーが買い物客の影響でぐちゃぐちゃになる…….面白いコンセプトのゲームだと思います。1分30秒で終わるゲームなので気軽にどうぞ。

ダウンロードはこちら
itch.io:SHOPOCALYPSE

スポンサーリンク
[PR]
[PR]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
[PR]