海外製の予告デモ版から面白そうな作品をピックアップ

Steamなどで公開開始した海外製の未発売且つデモ版が存在するゲームの中から、気になった作品を紹介します。

有料ゲーム

Nine Lives

死亡する1つ前の行動がそのままリアルタイムになぞらえるパズルゲーム。例えば2つのスイッチ同時押しで開く扉の場合、ある場所で死亡させて、次にもう片方を踏めば扉が開きます。

Astrodogs

★おすすめ
パンツァードラグーン系の奥シューティング。地形は自動で動いていきます。この種のゲームにしては比較的照準が狙いやすく、敵の弾の位置も把握しやすい。また、地形や強制スクロールの移動体型関連のレベルデザインと音楽が良い。雰囲気はプレイステーション時代のレトロ感もあります。

Linklight

配線パズル。同じ色の電極から配線を経て同じ色の電球へ繋げます。ピースを回転させ隣り合わせの配線と結び付けます。雰囲気も良いし難しさのバランスも良い。

Listeria Wars

抗体が病原菌と戦う横スクロールタワーディフェンス。敵を倒してたまったポイントで抗体を追加できるのはTDの基本。抗体がAIで動くほかに、抗体の配置場所を自由に入れ替えたりできます。

In It Together

敵のアジトから荷物を奪って逃げる横スクロールアクション。パズル要素も強い。植木、無限に湧き出るブロックなどを投げて敵を気絶させ、進路を阻む扉を開け、スイッチを開閉します。奥にある荷物を持って入口に戻るまでが1ステージ。ただ、来た道を戻るような方法ではなく、飛び降りたりと短縮できるような地形配置になっています。

The Unexpected Quest

★おすすめ
各ステージ1枚のマップで、捕らえられている人を助け、行動するための食糧を得て、傭兵を雇ってゾンビや敵を倒す行動をリソース管理とポイントクリックのみで行うシミュレーション&ストラテジー。ステージ区切りという短い内容でリソース管理を行うため、普通のクラフト系をサクサクと進行していく点が大きな長所。

IGEO DX

倉庫番系。同じ形のブロック2つ以上を隣り合わせにして押すと消去できます。全てのブロックを消せばクリア。ブロックの形によっては、消すとその場所が進行不能通路に変化、消すと他の形のブロックに変形などの効果があります。

Motor Strike: Racing Rampage

対戦相手の車に攻撃できるレースゲーム。通常のマリオ系と異なり、チャージが必要なものの何発でも攻撃できる事が特徴。攻撃範囲が前方だけでなく、ボタン1つで車を180度回転させ、後ろの車に撃つことができます。

Circuit Superstars

トップダウンの3Dレースゲーム。ドリフトがよく効く曲がったようなコースが特徴。

Date Night Bowling

ドットで描かれたボーリングゲーム。立ち位置決め、ゲージによる進行方向、ゲージによるパワーの3ステップのカジュアルゲーム。特にドットのディティールが細かい。

Blue Fire

★おすすめ
3Dプラットフォーマーアクション。ダークな雰囲気や華麗なコンボ攻撃など雰囲気はダクソ+3Dメトロイドヴァニアかな。滅んだペナンブラ王国跡地を探索します。

Sockventure

グラフィックが良い2.5Dの高難易度横スクロールアクション。ただし、序盤から壁蹴を前提とした棘の配置やリフト移動+お邪魔ブロックなどいやらしい配置が多数なのでアクションが苦手な方はプレイできません。高難易度好きに。

フィスト 紅蓮城の闇

★★おすすめ
中華サイバーパンクな2.5Dメトロイドヴァニア。機械武装化したウサギが同じく機械武装した敵たちを倒しながら未来的な中華街を探索します。非常に美しい街並みと拳、ドリル、ムチ1つ1つにボタンを用意し、ド派手で火花が飛び散るコンボ攻撃は見応え充分。

WHAT THE GOLF?

ジョークゴルフゲーム。一番最初のステージは真面目にクラブでボールを弾いてゴールに入れるのに、次ステージからはクラブがボールの変わりだったり、家を動かしたり、猫を動かしたり。ゴルフステージを舞台に一発ネタのジョークを詰め込んだミニコント集という感じのミニゲーム。

Red Wings: Aces of the Sky

第一次世界大戦を舞台にしたフライトアクション。敵の攻撃を旋回などで避けながら、照準を合わせて狙っていくこの種のジャンルではオーソドックスな作り。だけど、操作が堅実で酔いも少ないので、特にこの種のゲームを初プレイなどにはよさそう。

Star Drift Evolution

ドリフトを意識したトップダウンレースゲーム。コースそのものも急カーブなどが異常に多くなっており、常にドリフト利用をしないとまともな勝負ができないコースばかり。テクニカルな楽しみ方ができそう。

Demonizer

雷電、ストライカーズ1945、バトルガレッガなどの影響を受けたクラシックな縦スクロールシューティング。サキュバスが人間による魔物娘の虐殺を止めるため、人間達に立ち向かうストーリー。音楽はレトロ音源で、ステージもオールドファンタジックでRPGで使われそうなドットが多め、且つスーファミグラを意識して描かれています。

難易度は高めで、序盤から追跡弾+大量の敵などのようにシューティング初心者には理不尽さも感じる難易度。

Kick Bot

★おすすめ
右ジャンプ、左ジャンプ、下高速移動の3種類のみの動作で動く高難易度横スクロールプラットフォーマー。実際は縦移動が多め。ジャンプ力の調整がよく効き、小ジャンプ、かなり遠くまでほぼ水平に飛べる横ジャンプが可能。また、多段ジャンプなども可能。通常の方向キー移動ができない操作不自由系ながら、この条件のため、実はかなり高精度でプレイヤーを動かすことが可能。

また、ジャンプの動き方も気持ちが良く、死にゲーではあるけど、病み付きになりそうな面白さ。

Zorya

美しい雪の中、プレイヤーがゴールを目指す3Dパズル。プレイヤーは光に当たると消えてゲームオーバーになります。ただし、ある一定の場所の光を操作することができ、光によって影の位置が移動、影を動きながらゴールを目指します。また、主人公を押し出す敵がいるので、逆に敵の視点範囲外から押し出すことも必要。

パズルとしてはオーソドックスだけど、3Dで描かれた美しい景観も注目。

Carto
★おすすめ
日本語対応
地図を組み合わせて島を完成させていくパズル&アドベンチャーゲーム。自由に入れ替えができる聖剣伝説LOMのランドシステムに近いかな。地図は四角に片辺で分かれており、各片辺は回転、場所移動ができます。そして、片辺の四方の形と別のピースの反対四方の形が同じならくっつけることができます。逆に四方のうち一つでも隣接する片辺と形が異なるならその場所に置くことができません。

そして島内フィールドは地図の変化に合わせて変化し、自由に歩き回り、新たな場所では新たな地図の片辺が見つかったり、その地図に島内の人がいることも。また、人は草原の東に家があるはずだとヒントを出した場合、その片辺を平原片辺の右に配置することで、本当に家が追加され新たに片辺も登場するようなギミックも。

Webbed

★おすすめ
蜘蛛が主人公の横スクロールアクション。糸をワイヤーのように伸ばしてオブジェクトに引っ掛けることでテコの原理のように移動でき、また、糸を縮めることでオブジェクトに近づいていきます。似たようなアクションとの比較としては、糸がかなり長く、画面の下から上までの長さでも届くこと、一度引っ掛けてからのテコの原理の移動にスピード間があり、ソニックのような速度爽快感を感じることが違い。(特にワイヤー系は速度よりテクニカルを重視するので珍しい傾向かと)

Cubia

★おすすめ
プレイヤーをゴールに導く3Dパズル。キューブ上の床があり、それらは隣接する空白に転がすことでプレイヤーは先に進むことができます。キューブそのものも面によって壁があったり、スイッチがあったりと様々。

Slide

★おすすめ

海の生物を操作して海(宇宙?)のコースをレースするマリオカート風レースゲーム。けっこう動きやエフェクトが派手で、操作も普通のレースゲームよりやり易くライト層向け。同種のゲームの中では面白い方なのでインディーズレースゲームを探しているなら候補の1つになるかも。

Endless Memories

★おすすめ

手作りな風景の夢の世界を冒険するメトロイドヴァニア。音楽は不気味な曲が多い。剣コンボ、魔法攻撃、弓矢に加えて重要なのが敵の攻撃をはじくパリィ。敵が仰け反らないのでパリィ→コンボの攻撃が基本となります。2.5Dの美しいグラフィックとダクソ系を2Dに落としたかのようなテクニカルな操作プレイで注目したい1作。

Altered

プレイヤーをゴールに導くパズル。プレイヤーは基本1マスだけど、縦・横に自身を伸ばすことができ、穴などを通過することができます。また、倉庫番的挙動のブロックなども確認。ゲームそのものは地味だけど、パズルは面白い。

Paw Paw Paw

獣人達の世界観でのベルトスクロールアクション。国王がパンツ(ジーンズ?)を履くことを強制したことでレジスタンスが発生、自由を求めて活動を行うという馬鹿ゲー的シナリオながらゲーム関連は真面目。装備品に応じた攻撃を行っていきます。

Syder Reloaded

横スクロール弾幕シューティング。前後方向にプレイヤーが進んだ方向にスクロールし、自機の攻撃方向の反転が可能なタイプ。難易度はあります。

Cops Kissing Each Other

ベルトスクロールアクション。敵の銃攻撃が厳しいなど難易度は高めな代わりにプレイヤー側の攻撃範囲が非常に広い。そのため、ゲームオーバーになりやすいけど派手な攻防が行えます。

Hellish Quart

ヨーロッパ中世版のブシドーブレイド。レイピアなどを使った格闘対戦ゲームで相手に一発当てればクリア。グラフィックが本格的なリアル中世風で、防御からの反撃や相手を仰け反らしてからの攻撃など戦術面も面白い。

絶叫!スーパーマーケット Supermarket Shriek

★おすすめ
スーパーをカートに乗って突き進む2.5Dトップダウンプラットフォーマーアクション&バカゲー。左ボタンで左回転、右ボタンで右回転、ボタン同時押しでアクセルという操作不自由系の簡単な操作(これはスマホ向けにもなるかも)。左右で曲がる時も速度による重力加速度の影響を受けるので曲がる時はレースゲームのカーブ寄りになります。また、スーパーの中は障害物多数のコースのようなステージ群のアクション。

この操作なので、障害物にぶつかりまくり、そして障害物はスーパーにある小物になっており、それらが激しくあちこちに散らばる様子とカートで遊ぶような男の声が合わさって良質な馬鹿ゲーとなっています。

Block Wizard

氷滑り系パズル。触ると1回だけプレイヤーが好きなところにブロックを置くアイテムや、全部のスイッチを入れないとゴールが開閉しないブロック(2回通ると再びスイッチが閉じる)などのギミックがあります。画面そのものは地味。

Cramped Room of Death

★おすすめ
下記「Dungeon and Puzzles ダンジョンとパズル」と同系統の魔物の城に乗り込む系パズル。最近この系統増えてきたね。プレイヤーキャラの前方1マス分に槍があり、プレイヤーは上下左右に方向転換と進行ができます。ただし、槍にひっかかると進行不可、又は回転する時に槍が敵マスや壁の場合も進行不可。槍を向かい合っている方向に敵がいる場合、プレイヤーの2マス先までを攻撃可能。また、敵は剣を持っているとプレイヤーが隣接するだけで攻撃してゲームオーバーになるので、その前に槍で倒さねばなりません。

敵をを全て倒すと扉が開き次のステージへ進行可能。

O.M.S

ロボットが主人公の2.5Dの横スクロールアクション。敵はおらず、リフトを上がったり、スイッチで扉を開閉したりなどのギミックを解くことが中心のパズル色の強いアクションになっています。

Pyramid Plunge

日本語対応(ただし翻訳はかなりひどい)

男女2人組がピラミッドを探索する横スクロールプラットフォーマー。ただし、縦にもかなり広い。プレイヤーは男側を操作でき、女性側を口笛で呼ぶ、持ち上げて運ぶ、高所から縄を落として引っ張る動作で女性を引っ張ることができます。また、ゴールは必ず女側からゴールし次に男(プレイヤーが入る)、財宝は女じゃないと取得できないなどの条件があります。

Kine

★おすすめ

楽器になって、タイル上の2.5Dフィールドでプレイヤーを転がしてゴールまで目指すパズルゲーム。楽器によって動かせるタイプが異なり、例えばドラムだと、2マス分の棒が伸びており、(穴があっても飛び越えて)棒の隅から隅への行き来ができる反面、棒の合間にブロックがあるなどすると移動できません。このように条件のあるキャラが複数人おり、ステージによっては各楽器を適宜変えながら協力してゴールを目指すようにします。

また、パズルとしても面白いのに加えコミカルな楽器キャラ達の挙動やイベントシーンにも注目。

HordeCore

★おすすめ

ゾンビが徘徊する都市を舞台に生き残り探しや生存をかけて探索する横スクロールアクション。パーティー性で1人はピストル、1人は火炎放射器のように攻撃方法が異なり、プレイヤーが操作するキャラ以外はオートで攻撃します(キャラ切り替えは可能)。ジャンプはできず、代わりにベルトスクロール系のように奥行があります。

ゾンビは左右から襲い掛かってくる中、ピストルで撃つも、どんどん近づいてくるゾンビの恐怖がよく出ています。ストーリーがあるので日本語化してほしいな。

Carestia

★おすすめ
横スクロールアクションパズル。地中や壁を経由している電線があります。電線の電源を入れるユニット、電波を取得して電源に経由するユニットなどがあるため、それらを適切に配置すると電線を経由して扉が開閉したりする仕組み。

アクションとしては一般的ながら、このパズルの発想が良いアクセントになっていて面白い。

Dungeon and Puzzles ダンジョンとパズル

★おすすめ
日本語対応

お城に攻め込む勇者を主人公にした氷滑り系パズル。勇者は方向一直線に進む条件で、フロア内にいる敵を全て倒した後、ゴールに進むとクリア。勇者はフロア内に落ちている装備を拾うことで、そのステージはその武器が使えるようになります。武器無しなら敵を倒すことができず、剣を持っていると接している敵を倒し、弓矢なら離れた水平線上の敵を倒せるけど、倒した地点まで進まないと弓矢を補充できないなど。

単純な氷滑り系になっておらず、かなり新鮮。

I made a …

★おすすめ
基本は横視点パズルでギミックによってトップダウンや3次元に変化するパズルゲーム。ステージに散らばっているブロックを指定された形に組み合わせます。

プレイヤーはブロックに引っ付くと倉庫番の要領で押し出せます。また、ブロックの1段上まではジャンプが可能。だけど、ブロックに入口がある場合は、そのブロックの中に入り、重力を無視して好きな方向に動かせます。また、入り口を他のブロックと繋げると入口が無いブロックに入り同じように動かせるように。他、3次元にして転がすような入口も。

発想が良くパズルとして新鮮。

Ancient Abyss

★おすすめ
ローグライト要素を持つトップダウンアクション。コンボ攻撃と回避を駆使して戦っていきます。落ちている武器種によっては地形を破壊するものなどがあります。全体的に手触りがとても良い。死亡してのアップグレードやランダム生成ダンジョンなどローグライトの一般的な仕様は整っています。

Table Soccer Club

★おすすめ
サッカーゲームだけど、考え方としてはエアホッケーの亜種。プレイヤー側と敵側の人が交互に直線に並んでおり、それぞれマウスの上下で人も上下します。味方がボールに当たれば敵方に、敵がボールに当たれば味方方にボールが飛び、時間内にゴールにボールを多く入れた方が勝ち。ゴール以外にボールがぶつかると、場外とはならずにエアホッケーのように物理挙動に従った動きをします。

ミニアーケードながら面白い。こんなおもちゃ、昔あったね。

Aloof

★おすすめ
落ちゲーを大幅に改変した雰囲気ゲーパズルゲーム。ブロックは必ず2つで落ちてきて、5つ同じ色が隣接するとブロックが消えます。最初からブロックが配置してあり、さらに裏面も用意。ステージによっては単純に消すだけでなく、2連鎖以上で消さなければいけない、特定の形で消さなければいけないなどの条件が物語と並行して存在します。

船で旅をしている設定で、例えば特定の形の場合、消すごとに島ができ、連鎖が必要な場所にはお邪魔な敵がおり、1連目でシールドを弾き、2連目でダメージするけど、シールドは時間回復するため毎回連鎖が必要みたいな設定になっています。文字はなく音と雰囲気で楽しむタイプ。パズルそのものは落ちゲーだけど自動的に落ちず時間は無制限なので(ステージによっては時間制限ありそうだけど)、じっくり考えれます。なので落ちゲーとしては珍しく瞬発力より論理力が問われます。

Undercat

★おすすめ
猫に支配された町で犬の主人公が、猫を欺き他の動物を助けていく横スクロールアクションパズル。ダンボールを運んで段差にしたり、箱の中に隠れてやり過ごしたり、また、草むらで隠れたりといったステルスっぽい動きが取り入れられているのが特徴。そのお陰か新鮮さがあります。

Josh Journey: Darkness Totems

4人を随時切り替えながら操作できるベルトスクロールアクションゲーム。4人のうち2人は近距離攻撃で、もう2人はタイプの異なる遠距離攻撃。

Infernax

★おすすめ

8bitファミコン系のグラフィックをしたメトロイドヴァニア。鞭のような挙動を示す剣攻撃+何もしない時は矢を自動的に盾で防御する効果を持った主人公。魔法はショップなどで入手。8bit音楽も良質。

敵に攻撃するとのけぞる敵、のけぞらないけど攻撃手段が限定的なので避けやすい敵、空中にいて攻撃が当てづらいけど1撃で葬れる敵など、敵を倒す楽しさが存分にあります。また、グラフィックはレトロですが、操作のし易さや挙動の良さは現代に通じるもの。イベントシーンは8bit画像のアニメーションを使うなど、単純にレトロとは思わないほうがよい、「レトログラフィックと最新技術」を使ったかのような作品です。

Faerie Afterlight

★おすすめ

幻想的な世界を旅する横スクロールアクション。主人公以外に主人公から一定範囲で妖精を操作でき、ギミックを仕掛けることができます。特に敵を操る能力を使って、敵を足場にするなどのギミックで先に進む系統の仕掛けが面白い。現時点ではコントローラーが使えず(JoyToKeyも駄目)プレイはしにくい。

Crown Trick / 不思议的皇冠

★おすすめ
日本語対応

グラフィックが綺麗なローグライクアクション。他との差別化はワープ機能かな。1ターンの間に4歩ぐらい先の場所まで自由に移動できます。半リアルタイム制でこちらが止まっていても動く敵がいました。

ランゴック スカイズRangok Skies

★おすすめ
日本語対応
90年代レトロをヒューチャーした縦スクロールアクションゲーム。音楽も90年代シューティングを意識したかっこいいものが多く、ドットも細かく綺麗。シューティング部の敵の動きも練られています。

Linja

★おすすめ
忍者が主人公の横スクロールアクション。高難易度系。手裏剣とダッシュ(空中でも)を駆使して進みます。序盤から空中ダッシュ+ジャンプ台的足場+空中ダッシュみたいな箇所が登場するなど、難易度は高め。

Nina: Seasons of Adventure

★おすすめ
超高速なソニック系横スクロールアクションゲーム。ジャンプした時の水平方向への移動力が非常に高く、天井についた時は逆さに、坂からは推進力に従って高速自動移動など、速度を体感する仕掛けが随所に施されています。また、敵に攻撃ボタンを押すと、その場所まで瞬間移動、さらにその後にジャンプが可能なため、空中移動の手段にも使えます。

たぶんだけど、後半になると空中のみでどんどん進むようなゲーム性になりそう。

Victory Heat Rally

90年代ライクなレースゲーム。ドリフトの効きがよいため、操作が快適。

ANTONBALL DELUX

★おすすめ
横スクロールアクション操作+ブロック崩し。ブロックは右側にあり、キャラがボールに触れると、右側にボールを飛ばします。ボールが左側中央の穴に落ちると残機が1つ減り、0になるとゲームオーバー。

Brock Crocodile

★おすすめ
90年代をインスパイアした曲とグラフィックの横スクロールアクション。攻撃は鞭の近距離攻撃とアイテムによる遠距離攻撃。

ソニック・ザ・ヘッジホッグ系。強制移動スクロール床が多く、それらを踏むことで高速に移動します。これに、特定の場所は壁ジャンプ可能、鞭を使って宙の支点移動を加えることでアクション性が付加されます。ソニック系のように横だけでなく縦への移動も多彩。

音楽がなかなか良曲なテクノポップ。

ITORAH

★おすすめ
斧を持った少女が不思議で不気味な世界を探索する横スクロールアクションゲーム。主人公のアニメーションが多彩でイベント中のみの動き、歩き、斧、しゃがみ、しゃがみ攻撃など多数のアクション1つ1つに細かなアニメーションが用意されています。ステージも不気味で禍々しくも美しい空間を描いており、グラフィックの品質は高め。操作感もレベルデザインもかなり良好です。

TUNIC

狐人が主人公の3DゼルダタイプなアクションRPG。オーソドックスなタイプで剣コンボと盾防御、ローリング回避で先に進んでいきます。作中の文字は会話、入手アイテムなどのUIを含め全てがオリジナルな独自言語。会話等は無しのため、あまり問題はありません。若干スローペースな歩行速度なのが欠点かな。

Chicken Police

★★おすすめ

日本語対応(冗談の言い回しも上手で翻訳レベルがかなり高い)

人間の変わりに鳥人達が存在する現代世界を舞台にしたノワールアドベンチャー。探偵となって事件を追うことになります。フクロウ、ハトを初め鳥が人間化しており、そのためギャングのボスも可愛らしく、鳥人間が女性用ドレスで美しく着飾っているのはシュール。……と見た目がとにかく奇抜です。

ポイント&クリック系で人に話しかけたり物を調べてイベントを勧めます。人へは話す・調べる・質問など4つから選択でき、意味不明なものを調べることも可能で、それぞれ本筋に関係の無い箇所もジョークが上手い。

また、見た目のシュールさからは反して運びは洋風ハードボイルドが好きなら楽しめそうなシナリオセンスをしており、話は普通に面白い。

Aeon Drive

★★おすすめ
日本語対応

サンバーパンクな高速横スクロールアクション。歩行速度高めで壁ジャンプは何段も可能。攻撃は近接の剣攻撃と遠距離の手裏剣。手裏剣を壁に接触させた後にボタンを押すと主人公がその場所に瞬間移動する能力を持ちます。

基本的には壁ジャンプと手裏剣ワープであらゆる場所に移動可能。制限時間短め&1ステージが短めのレベルデザインであり、超スピードも併せてハンテンポでサクサクとゲームが進みます。また、難易度も体験版範囲は控えめなのに地形配置等はなかなか良く出来ており、速度感が特に楽しいと思えるゲーム。

Leif’s Adventure: Netherworld Hero

★おすすめ
ストーリー重視の協力型アクションアドベンチャーで2人を操作するとのこと。体験版は横スクロールアクション。ハンマーを持った男がプレイヤーで、ハンマーでの強力な物理攻撃が攻撃手段。ただし、一撃に隙が大きいので使いにくい。

妖精がお供におり、主人公とは独立して操作が可能。妖精がスイッチを押して主人公がのるリフトを動かしたり、扉を開けたり。また、ボスも主人公は逃げるのみで妖精がボスの上に岩石を落とすような本作独特の戦い方ができます。

光のエフェクトが綺麗。

Mariachi Undead

銃で敵と戦う横スクロールアクション。主人公はジャンプができず、左右の移動のみ。その変わりに特定の構造物のすぐ横に身を隠すことで敵の銃弾を避けることができる特徴があります。基本は構造物で身を隠し銃弾の補給をしながら、敵が撃たない間にエイムして射撃。操作が既存の横スクロールシューティングとは異なり、3DTPS系に近い点が特徴。慣れないと操作が複雑でかなり難しいが慣れたら面白くなりそう。

Pile Up!

★★おすすめ
箱型の主人公が鍵を求めて冒険する3Dプラットフォーマーパズル。ジャンプしたりブロックを持って置いたりなど基本的なアクションだけど、紙で作られたようなグラフィック、移動する時の折り紙のような挙動なども持ち合わせます。印象としてはペーパーマリオ風グラフィックでマリオ64をプレイしているような気分。

敵はおらず、コインを集めたりステージ奥のキーを入手したり。明るめののほほんとしたグラフィックで手触りもなかなか良好なゲーム。難易度は意図的にか低めに見積もられていながら各ステージに工夫があるので楽しい。

最大4人プレイに対応しているようです。

Airhead

生物を操作する2.5Dメトロイドヴァニア。生物じたいに攻撃能力はなく、逃げたりギミックで進んだりし、アクションパズル要素が強いかも。ローポリによる美しい水中シーンや地上と地下の境目など、どちらかと言えば雰囲気重視で作られている印象を受けます。また、2.5Dということで3D系のカメラの動きを意識した演出も魅力。

Chained Echoes

★おすすめ
日本語対応予定(対応言語にが入っているが、現体験版は英語のみ)。

独自プログラムの外国製JRPG。美しいグラフィックや良音楽、操作感の良さなど普通に期待したいゲーム。クロノトリガーのようにエンカウント時は戦闘画面への切り替えなく戦闘がはじまります。HP,TP共に戦闘開始時は完全回復から開始しますが、戦闘難易度は雑魚戦に関しても高め。HPが高くて持久戦になりがちのため、そのあたりの調整は必要か。

Figment: Creed Valley

日本語対応予定(現在は英語のみ)

★おすすめ
四角マスを基調としたフィールドを探索するアクションRPG+パズル。フィグメントの続編。絵本のようなグラフィックと良質な音楽。

上下移動するブロックを上手く使って上に登ったり、スイッチを操作して先に進むなどアクションパズル要素高め。日本語訳されたらストーリーも期待だけど前作の日本語がダメダメだったので、そのあたりはどうかな。

Drone Swarm

日本語対応予定(現在は英語のみ)

★おすすめ
ドローンの群れを操作して敵の攻撃を防御し、敵を攻撃するRTS。プレイヤーはドローンの集合体を操作し、攻撃か防御を選択して線を引きます。すると線を引いた場所にドローンの集団が線のように攻め入り、攻撃の時は敵にダメージ、防御の時は敵の弾を弾く盾となります。ドローンの群れに弾が当たらないよう適宜防御しながら、敵の動きを予測して攻撃の線を引いていきます。

ストーリーもあるので日本語対応には期待。

ProtoCorgi

★おすすめ
犬を自機として横スクロールシューティング。良質な90年代のシューティング音楽とグラディウス系の地形シューティングでノリノリなプレイができます。見た目はコミカルだけどゲームは真面目に作られており、1面から上下の移動、地形が動く、レーザーによる位置誘導など盛りだくさんで飽きがきません。パワーアップは敵を倒すと落とすカプセル。武器変更系は一気に切り替わります。

地形シューティングが好きならあり。

30XX

ロックマンライクなローグライト横スクロールアクション続編。ロックマンXみたいなキャラとゼロみたいなキャラを操作して先に進みます。溜め攻撃やショットなどを確認。たぶん前作同様ランダム地形配置なのですが、後ろから敵ボスが迫ってきて最奥でボス戦のように、それだけではない何かがあるもよう。

相変わらずロックマン好きには勧めたい出来。

Toodee and Topdee

★おすすめ
横スクロール(つまり重力あり)で動くキャラとトップダウンで動くキャラを同一ステージ上で操作し、全ての鍵を取りゴールを解放し、二人をゴールまで導くアクションパズル。横スクロールが穴で落ちるからトップダウンが穴の前にブロックを置くなど、二人の特性を活かして協力してクリアを目指します。かなり新鮮なパズル。

A Space For The Unbound

★おすすめ
日本語対応(良好)
90年代インドネシアを舞台にした少年少女の物語。男主人公は他人の心を覗き、干渉することができる魔法の本を手に入れます。他、手に入れた超能力について、田舎町を舞台に調べ周ります。田舎感溢れる美しいドットの街並みを動き回り、素朴な人々に話しかけるアドベンチャー。

舞台はインドネシアなんだけど、日本の田舎町に通ずるところもあり、懐かしさを感じつつ、ちょっと不思議さと少年達の純粋さを併せ持ったお話も魅力。

Unbound: Worlds Apart

一定空間を別異次元と結びつける能力を持った主人公による横スクロールアクション。アクションパズルに該当し、それなりにシビアな要求をされる箇所もあります。

プレイヤーがボタンを押すとその場所を軸に一定の円周を別異次元に繋げます。似て非なる世界になっており、例えば行き止まりだったところにリフトが出来たり、敵だったものは置物に変わったり。また、場所によっては円周内に地形的な変化はないけど、重力が上下反転するような箇所も。場所によって円内の物理効果は変化するので製品版も新たなギミックがありそう。

この円は自分が好きな時に新たに閉じ、さらにすぐさま自分が好きなタイミングでプレイヤー箇所を中心に新たな円磁場を形成可能。この仕組みを利用してステージを進みます。

Ants

蟻の群を出発地点から蜘蛛に捕まらないようにゴール地点まで誘導するパズルゲーム。基本的にはプレイヤー誘導型で複数の蟻がいるだけ。各ステージ指定数のギミックタイルをプレイヤーが好きなところに自由に配置でき、矢印キーならその方向に移動、穴なら繋がりのある穴までワープ、葉なら直線状にある海タイルを通行可能にするなど。

また。色の概念があり、蟻個体は複数の色が付けられており、例えば黄色矢印を使用した場合、黄色蟻しか曲がりません。また、ゴールも無色ではなく、色ゴールもあり、その場合はその色のついた蟻しかその場所はゴールできません。代わりに強制的に蟻をその色に変えるペイントマスなんてものも。

音楽無し、エフェクト無しの地味ゲームだけど、論理パズルとしてはなかなか面白い。

RUBATO

カエルが主人公のミニメトロイドヴァニア。長い舌を敵に当てて倒したり、物に当てて吸引し引っ張ったりします。物理ベースで作成されており、ブロックなどが物理挙動で予測不能な動きに。

Sondro Gomez: A Sunova Story
★おすすめ
レトロ風の横スクロールアクション。難易度は低めながら、ギミックや地形に凝っていて思いの他、面白いです。主人公は悪魔城系の動きをする鞭を使って敵を攻撃。マリオ風のノコノコみたいに倒してから蹴り飛ばすと横方向に甲羅が滑っていく敵や倒すとその場で爆発して弱い足場を崩す敵などマリオ系の影響がある敵がちらほら。また鞭を使って振り子のように飛ぶギミック、隣同士の梯子の乗り移りなど、様々なギミックがあり、これらのギミックの地形との組み合わせが非常に上手い。

あと、レトロ風の音楽も素敵な曲ばかり。

Chiaroscuro

ウサギが主人公の陰影のある横スクロールアクション。剣攻撃とジャンプで進みます。けっこう、シビアな要求をする箇所や穴に落ちつと一気に戻ってしまう箇所があり、ゲームを作り慣れていない感じはあるものの、普通にアクションとしては楽しめそうな感じの作品。

Mystic Hammer

陣地に迫る敵を倒して1匹も侵入させない防衛ゲーム。イメージは横ラインタワーディフェンスに近い。時間ごとにお金が増えていき、お金で傭兵を雇っていきます。ユニークなのは、戦士等の他に、お金を掘るユニットも存在すること。もちろんお金を早く貯めることで雇える間隔が短くなります。5ラインで敵が出現し、基本的にあるラインの傭兵はそのラインの敵しか倒せません。その他、傭兵の強化など育成要素も。

Gladiator Guild Manager

★おすすめ
日本語対応

ギルドマネージャンーとなってギルドを管理するシミュレーションと戦術を選択しながらのギルド員達によるオート戦闘を楽しむ戦略シミュ。戦士達を雇って、魔物を倒してお金や素材を稼ぎながら、入手した素材を使ってギルドを拡張します。新たな職業の戦士を雇えるようになったり、各種コスト制限が解放されたり。また、戦士の装備を整え、訓練で強くして新たな場所で戦闘をすることになります。

管理シムながら、軽快に鍛えられ、戦闘も画面はけっこう派手ながらスピーディーに動いており、けっこう面白い。

Mr. Grayscale

★おすすめ
日本語対応

1画面横スクロールアクションパズル。白黒で構成されたステージで白黒キャラが自機。プレイヤーは色を自由に切り替えられ、白の場合は黒色の範囲を黒の場合は白色の範囲を移動できます。また、重力回転が可能。

特徴は重力回転や白黒変化の瞬間が一瞬止まること。回転しながら、自機が落ちている時に色を変え、さらに回転みたいなアクションとして複雑な動作が、反射神経が鈍くても比較的やりやすい。そのため、アクション要素も強めながら、パズルに集中できるような作りになっています。

軽快でノリのよいテクノポップと良質なパズルの組み合わせ。

Haiki

超高難易度な横スクロールアクション。各ステージ短めながら、難易度は極悪なのでその系が好きな方に向けた作品。3種類の色がありLRで切り替え可能。オブジェクトの色と現在の色が同じ場合、そのオブジェクトが消える仕様になっています。

Castle on the Coast

手描きのレトロな3Dプラットフォーマー。魔法の城、クリスタルの洞窟、石のホールや様々な異次元をかけぬけます。2段ジャンプとジェットパックによる空中浮遊が特色。

The Riftbreaker: Prologue

★おすすめ
トップダウンシューター+タワーディフェンス。いちおうTD主体のゲームながら、美しい惑星を探索しながら好きな位置に拠点を作って防衛できる自由度の高さは目を惹きます。

自ら機体を動かして戦闘拠点(エネルギー供給、体力回復装置、防御拠点、攻撃タワー)などを設置しながら未知の星で資源を発見。敵が攻め込んできたら、防衛拠点に攻撃補助させながらも自らが攻めていき、ガンガン接近戦はビームサーベルで敵を薙ぎ払い、遠距離戦では銃を乱射していきます。ボイス付きで各キャラの通信のやり取りもあるので臨場感はばっちり。

Iron Meat

火星から逃げ出す横スクロールアクション。ロシアの開発者が90年代にインスパイアを受けて開発したゲームとのこと。

魂斗羅、メタルスラッグ系で敵から武器を奪うと一定期間特殊な武器で敵を攻撃します。レーザー、斜め方向オート射撃、誘導弾などなど。1ステージ目がオーソドックスな横スクロール系と思ったら2ステージ目は上へ上へ進んでいく系でステージ構成は斬新。

難易度が低めで、高難易度アクションが苦手な私は丁度良い爽快感でした。ただし、レベルデザインの面では各ステージとも、ちょっと冗長さがあるかな。

Dandy Ace
★おすすめ

呪われた鏡に囚われた怪盗ダンディーエースが脱出するために鏡の中を探索するローグライト&トップダウンアクション。毎回変化するダンジョンを探索し、カードや財宝を入手し、ゲームオーバーになるたびに自身を強化していきます。遠距離魔法、近距離コンボ、ダッシュなど怪盗のスキルは全て沢山存在するカードが対応し、最大4つを装備しボタン1つで発射(スキルによってはクールダウンタイムがあるものも)。

敵の動きが堅実なため、プレイヤースキルで避けようと思えば避けられるアクション性、ある程度方向キーで敵に近ければ標準のブレを修正して敵方向に向かう遠距離、敵によって攻撃の違いの差別化がはっきりしている点など、細かな調整が行き届いています。

Gone Viral

刑務所の闘技場で血肉踊るバトルを繰り広げるローグライト&トップダウンアクション。いくつかのフロアを通り、最終的に闘技場でボスバトルを行います。血が飛び交う派手なアクションが特徴。私がプレイしたファイターは近距離コンボと銃、ダッシュ。簡易検査。キーボード+マウスです。

殺害数に応じてパワーアップ要素がアンロックされていきます。

Rain on Your Parade
★おすすめ

雨雲が主人公でステージ上を動きまわり、雨を降らして目的物を濡らして条件を達成していくアクションゲーム。ただし、雨を降らすと所持雨量が減るので、無くなる前に目的を達成する必要があります。

ステージの目的によってゲーム性や雰囲気が変化することが特徴で、例えば最初のステージは結婚式が開かれているので、新郎新婦を含めて全ての参列者と小物を濡らすとクリア。人々が逃げ回るさまがコミカル。次のステージでは火事で人々が右往左往しているので、全ての火と人を濡らせばクリア。さらに次のステージでは爆弾が仕掛けられ、テロリストが解除しようとするので、全てのテロリストを雨で逃げさせ(なぜ逃げるのかは不明)爆弾を守る防衛ゲームになっています。

Neko Ghost, Jump!

日本語対応(若干怪しいけど)。
猫が主人公の2.5D&3Dの横スクロールアクション。ステージ上でいつでも2.5D、3Dを切り替えることができ、それぞれで進めない範囲をカバーします。また、攻撃モード時は敵に剣攻撃を行うことが可能。拠点にてアクセサリや衣装を着ることができ、可愛らしい。難易度は高め。


In Retrospect

★おすすめ
様々なステージをプレイするプラットフォーマーランゲーム。各ステージ共単純な横方向だけでなく上下関係がとても広大。その中で鍵などの収集品を取得していきます。泳いだり重力制御をしたりとギミックも豊富。8bitの綺麗でフワフワしててノリの良い宇宙的な雰囲気の音楽が本当に気持ちいい。

スポンサーリンク
[PR]
[PR]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
[PR]